お知らせ

【Sake Base 日本酒の美術館】 営業時間:平日12:00〜22:00 土日祝日:10:00〜22:00 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日) 【日本酒ぱーく】屋外でのイベントは毎月第4金土にMICHIYA(習志野市津田沼5-10-9)にて開催しています。 TEL:043-356-5217 住所:千葉市稲毛区緑町1-22-10 最寄駅:JR総武線「西千葉」駅から徒歩5分     京成線「みどり台」駅から徒歩5分
Sake Baseセレクトの日本酒・リキュールを販売しております。
Sake Baseが現地に足を運び、蔵を見て、味を確かめた美味しい日本酒を紹介しております。

日本全国の酒蔵を巡り、セレクトした日本酒をネットで販売し、また日本酒を使ったイベントを企画する団体です。

 日本酒の良さを、日本人だけでなく世界の人々に知ってもらいたくて、この団体を起ち上げました。全国の日本酒の蔵元を巡るうち、日本の伝統的な食文化である日本酒について、日本人でさえ深くまで は理解しておらず、また経営難や人手不足で蔵元が減少していることを知りました。そこで私たち Sake Base が、イベント(フェス・お祭り)などへの出店を通じて日本酒の良さをたくさんの人たちに伝えたいと考えています。
 


角打ち(カクウチ)について

 福岡県北九州市発祥の飲酒文化で、主に北部九州地域で使われている言葉である「角打ち(カクウチ)」という文化があります。語源は諸説あり定かではありませんが、「角打ち」の名称は「量り売りされた日本酒を、四角い枡のに口をつけて飲むこと」、「酒屋の店の隅()で酒を飲むこと」などに由来すると言われています。また、関西では「立ち呑み」、東北地方では「もっきり」、鳥取県・島根県東部では「たちきゅう」と呼ばれています。

 しかし、「角打ち」と聞くと「常連さんが行くところでしょ」、「日本酒の事知らないし…」等、ハードルの高いイメージがついているのも事実であり、それが魅力的な部分もあります。

 

日本酒パーク

 そこで、Sake Baseはそんな「角打ち」のイメージを払拭し、日本酒というものを、もっと身近な存在に感じてほしい!

 と思い、日本酒が好きな人はもちろん、まだ日本酒を飲んだことのない方、日本酒が嫌いな方にも立ち寄れるような場所を創っています!

 

その名も「日本酒パーク」!

 

さあ!みんなで宴だぁ!

 

↓開催日時等、詳細は下記SNSをご参照ください↓


毎日更新中!
Follow me!